Let's めやす

「外国語学習のめやす」は、国際文化フォーラムが学習者が主体的に学ぶことをはじめ、21世紀の複雑な社会を生き抜くスキル、21世紀型スキルを身に付けるために作成した教育方針です。私たちは「めやす」の教え方をみんなで共有できるようにワークショップを行っています。そのワークショップの詳細を説明します。

【ワークショップ開催報告】3月8日「外国語教員のためのCEFR」WS@関学梅田キャンパス

ドイツで長く日本語を教えていらっしゃった奥村三菜子さんを講師に迎えて、関西学院大学梅田キャンパスとオンラインのハイブリッド型で3月8日ワークショップを行いました。

 

今回のテーマは、CEFR(ヨーロッパ共通参照枠)ですが、「めやす」との絡ませて紹介してくださいました。

<午前> 10時30分~12時30分

1.「めやす」の紹介と確認

2.講義「CEFRって何?」

<午後> 13時30分~16時30分

1.ワークショップ①「Can Doについて考えよう」

2.ワークショップ②「学習活動を考えよう」

3.ワークショップ③「評価のことを考えよう」

4.振り返りとまとめ

f:id:letsmeyasu:20190313193220j:plain

ワーク

最初にLet'sめやすより田原さんに「めやす」について紹介してもらいました。

その後、CEFRについて分かりやすくテンポよく教えていただきました。

私が印象に残ったのは、CEFRの誤解です。3点あったのですが、

(1)CEFRはヨーロッパ言語のためのもの

(2)CEFRはCan-doを用いた言語能力レベル指標

(3)CEFRは外国語教育スタンダード

(4)CEFRはサバイバル向きで、ビジネスやアカデミック向きではない

たしかにどれもそう思われがち…と思いました。

CEFRを批判する人は、まず(1)を使いますものね。

そして今、日本の言語教育で、CEFRを用いているものといえば、A1、A2などのレベル指標だと思います。NHKであったり、大学でもレベル指標をよく使っている気がします。

でもCEFRの本文には一切CAN-DOが載っておらず、あるのは、illustrative descriptors。

CEFRはあくまでREFERENCE(参照するもの)とのことです。

(3)については私も誤解しておりました。CEFRはスタンダードなんだと思ってました。ただ「問題提起はするが、答えを提示するものではない」とのこと。なるほど。

 

f:id:letsmeyasu:20190313193044j:plain

午後はグループに分かれて、can-doについて考え、それに基づいて学習活動、その評価についても一緒に考えました。

f:id:letsmeyasu:20190313193124j:plain

f:id:letsmeyasu:20190318191142j:plain

活動だけではなく、評価まで考えることができて、盛りだくさんのワークでした。

一番上の目標に「social agent として社会参加できる」があるので、日常のクラス活動だけではなく、より大きな視点で考えることができたように思いました。

今回ポスターを使ったのですが、貼りだすことはなく、A4用紙やA3用紙、付箋を貼りだすものとして使っていたのもおもしろかったです。

グループで作ったものは、完成品ではない。だから、自分で持って帰って、自分たちの環境に合わせて作り変えるものとのことです。それも納得…。

 

1日だけだと物足りない部分もあったので、もう一度受けたいと思うワークショップでした。

 

オンラインでは、「lino」というアプリを使って、教室と同じ活動が行われていました。

f:id:letsmeyasu:20190318191357j:plain



オンラインのほうが、手書きではないので、サイズがそろっていて保存しやすいっていうのがありますね。

 

【ワークショップ開催報告】2019年2月25日山崎直樹先生目標分解WS@関学梅田

関西学院大学梅田キャンパスで山崎直樹先生をお迎えしてワークショップを開催しました。

「外国語学習のめやす」に基づいたプロジェクト型学習のための目標分解

~「何でもあり」を実現するために~ーというテーマで5時間勉強しました。

 

私たちは「めやす」についてワークショップを行っていますが、「めやす」の授業プランを考えるとき、大切になるのは「目標分解表」です。それについて、ちゃんと適格なコメントができていないので、私たちの先生である山崎先生(トレーナー)に教えていただきました。

 

まずは「めやす」の基本となる「3×3+3」について考えました。

余談が楽しくて、和やかな雰囲気で行われました。

f:id:letsmeyasu:20190301092748j:plain

 

午後からはグループに分かれて、自分たちの状況でできそうなアイディアで考えました。時間が3時間しかなかったので、役割分担してポスターを作成しています。

f:id:letsmeyasu:20190301094213j:plain

f:id:letsmeyasu:20190301092752j:plain

中にはポスターをはみ出すグループも。

f:id:letsmeyasu:20190301092758j:plain

ポスター作成後の1時間は、それぞれの発表を聞きに行きました。

f:id:letsmeyasu:20190301092805j:plain

 

グループは5グループ、日本語教師が多く占めたので、日本語のプランが多くなっています。

(1)かるたで地域とつながろう!

売り:つながりの場の広がり

成果物:かるた

(2)東大阪のものづくりを紹介しよう!

売り:外国人剤受け入れをする日本社会において、外国人、受け入れ企業、日本人”三方良し”のプロジェクト

成果物:プレゼンのPPT、台本

(3)日常にこそドラマがある!一人ひとりが主人公

売り:メタ認知、協働、他の人に見せたくなる、自分への贈り物

成果物:30分のドキュメンタリー動画(字幕付き)

(4)私たちが知ってほしいこと

売り:実体験を発信

成果物:メッセージビデオ

(5)自分の出身地にあるユニークなものについて、すべらない話をしよう!

売り:日本人と仲良くなるための持ちネタを作る。

成果物:ビデオ??

 

(1)~(3)は実際に実践してくださるそうです!報告が楽しみです~。 

f:id:letsmeyasu:20190301092810j:plain

 

3月8日のCEFRワークショップ、関学での募集は締め切りました。

3月8日開催予定のCEFRワークショップ、関学梅田キャンパスでの募集は定員となり、締め切りました。

オンラインはまだ募集しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

「めやす」を取り入れてみたい方、一緒に始めませんか。

アクティブ・ラーニングを取り入れてみたい、と思いながら取り入れられない方、

「めやす」の教え方を授業に取り入れてみませんか?

私たちと一緒に学びませんか?

一度やってみたい!という方、どんなアクティブ・ラーニングがいいか、導入部分からサポートします。

 

・実施前にすること…カリキュラムと評価を一緒に作ってみましょう

・実施中にすること…オンラインでコースについてディスカッションしましょう

・実施後にすること…カリキュラムと評価について一緒にふりかえりましょう

 

協力してくださる方は、WEBやワークショップ報告会での実践報告ができます。実践報告研究のサポートをいたします。またそれ相応の謝礼をお渡しします。

 

参加希望者はこちらのフォームにご記入ください。

https://goo.gl/forms/IixMG3lOEha6y5Pn2

追ってメールにご連絡いたします。

【参加者募集】3月8日外国語教員のためのCEFR、オンライン参加者募集

もうすぐ定員に達しそうですので、オンラインでの参加も募集することになりました。

会場での参加と同じく、グループワークもしていただきたいので、カメラとオーディオのご準備をよろしくお願いします。

申込をされましたら、振込の情報をお知らせしますので、参加費1000円をお振込みくださいませ。

参加費の振込を確認しましたら、ズームのIDをお知らせします。

どうぞよろしくお願いします。

 

*****************************

ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)の背景や基本的な考え方を「外国語学習のめやす」と併せて考えながらワークショップ形式で学び、一緒に深く「考える教師」を目指しましょう。

 

講師は「日本語教師のためのCEFR」の著者である奥村三菜子さんです。

各地で研修を行われており、きっと楽しいワークショップになると思います。ぜひご参加ください。

日 時:2019年3月8日(金)10:30~16:30(昼食休憩あり)

会 場:関西学院大学梅田キャンパス 14階 1404教室

対 象:外国語教育に従事している教員または教員を目指している院生

参加費:1000円

定 員:30名(先着順)

申 込:  https://goo.gl/forms/IgHtAdOT3onjPU4n1

共 催:国際文化フォーラム・LET'Sめやす

 

チラシはここからダウンロード

https://1drv.ms/b/s!Ap5DVcQnpz0F-Ue-4Uny2QenzCYb

【参加者募集】2月25日WS開催@関学梅田「「外国語学習のめやす」に基づいたプロジェクト型学習のための目標分解」

「学習のめやす」のめやすマスターの講師である関西大学教授山崎直樹先生にワークショップをしていただくことになりました。

 

*******************

「外国語学習のめや」に基づいたプロジェクト型学習のための目標分解

~「何でもあり」を実現するために~

「めやす」で推奨されている言語教育の特徴は「視野に入れている学習要素の多彩さ・豊富さ」です。でも、それは、やりっぱなし・無秩序・無責任で、学習者を困惑させ、同僚に迷惑をかける「何でもあり」ではありません。このワークショップでは、「何でもあり」を合理的に体系化した上で可視化し、学習者に納得してもらい、同僚に信頼してもらうフレームワーク(目標分解の方法)を考えます。

 

日 時:2019年2月25日(月) 10:30~17:30 (1時間昼休み)

場 所:関西学院大学梅田キャンパス14階1408号室

対 象:外国語教育に従事している教員または教員を目指している院生

定 員:40名

会 費:1000円

申 込:下記URLの申込フォームよりお申し込みください

        https://goo.gl/forms/xStgvsU7UrsvN0q12

 

講師の山崎先生から参加者みなさまへの質問です。

  • 「そんなことまで授業でやるの?」と他人の授業を見て思ったことはありませんか?
  • あなたはこれまでにどのような学習要素を授業の中に取り入れてきましたか?
  • 「そんなことまで授業でやるの?」と他人に言われたことはありませんか?
  • それらの学習要素の存在意義を、学習者や同じチームの教師やコーディネイタの教師にきちんと説明してきましたか?
  • 複数回の授業を費やすようなプロジェクト型学習をしたことがありますか?
  • そのプロジェクトの最終ゴールは何でしたか?
  • その最終目標に到達するために設けた小さなゴールはどれくらいありましたか?
  • その小さなゴールに到達しているかどうかをちゃんとチェックしましたか?
  • それらすべての構想を、学習者や同じチームの教師やコーディネイタの教師にきちんと説明してきましたか?

チラシはここからダウンロードできます。

https://1drv.ms/b/s!Ap5DVcQnpz0F-XFRe4rNqvtGUaiS

 

共催:国際文化フォーラム・Let’sめやす

【参加者募集】3月8日WS開催@関学梅田「外国語教員のためのCEFR ー「外国語学習のめやす」と共に考察ー」

ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)の背景や基本的な考え方を「外国語学習のめやす」と併せて考えながらワークショップ形式で学び、一緒に深く「考える教師」を目指しましょう。

 

講師は「日本語教師のためのCEFR」の著者である奥村三菜子さんです。

各地で研修を行われており、きっと楽しいワークショップになると思います。ぜひご参加ください。

日 時:2019年3月8日(金)10:30~16:30(昼食休憩あり)

会 場:関西学院大学梅田キャンパス 14階 1404教室

対 象:外国語教育に従事している教員または教員を目指している院生

参加費:1000円

定 員:30名(先着順)

申 込:  https://goo.gl/forms/IgHtAdOT3onjPU4n1

共 催:国際文化フォーラム・LET'Sめやす

 

チラシはここからダウンロード

https://1drv.ms/b/s!Ap5DVcQnpz0F-Ue-4Uny2QenzCYb